センスあるエクステリアデザインのためのポイント

外構と室内の融合

外構工事と建物自体の工事は、切り離して考えられがちです。とくに建売住宅の場合、通常は外構工事がついていないのでその傾向が強いようなのです。しかし、外構は家の外観とともに住まいのイメージを印象づける大切な役割を担っています。よい住まいづくりのためには、内装と外構に統一感を持たせ、内装をより引き立たせるような外構デザインにすることが大切です。

周辺環境との融合

外構工事の際に忘れてはならないのが、周辺環境とのバランスです。それぞれの家の個性も大切ですが、一つひとつの家が街並みの一部。周囲と調和をはかることも外構を考えるときには考慮する必要があります。家の周辺を歩いてみて感じられるテイストを、ご自分の家にも取り入れてみてください。

基本的な計画と特徴

基本的な外構の種類と特徴をご紹介します。

オープン型
解放感が魅力のオープン型。欧米で多く見られる型で、門扉などを設けない開放的なスタイルは、ご自分のお庭を通りから一続きの広がりのある空間として演出できます。外から入りやすい一方、人目によく触れるため防犯面で安全とも言えます。
クローズ型
塀や門扉で敷地を囲んでプライバシーを守るクローズ型の外構。一昔前の日本の建築はこの型が主流でした。堅い雰囲気になりがちですが、ただ囲うのではなく、素材やデザインを工夫することにより、様々なテイストに仕上げることができます。
セミオープン型
オープン型とクローズ型の中間に位置するセミオープン型。門と植え込みなどにより、外と敷地内を仕切ります。適度な開放感とプライバシーをともに確保できるのが魅力です。現在の日本に多く見られる型と言えるでしょう。

これらの型と、和風にするか洋風にするかといったスタイル
から決めていけば、ご自分の理想のエクステリアのイメージが湧いてくるかもしれません。

タニセンのこだわり